白い犬

フィラリアは蚊を媒介にして感染することのある寄生虫疾患です。
犬にとって非常に多い感染症となっており、発生すると心臓や肺動脈に大きな影響を与えることになります。
フィラリアは発症すると重い症状になりますが、予防薬を使用することによって防ぐことが出来ます。

フィラリアの予防薬はインターネットで簡単に購入することが可能となっています。
フィラリアの予防薬にはいくつかの種類が存在し、飲み薬タイプやスポットタイプを購入することができます。
飲み薬タイプはチュアブルタイプと、錠剤タイプに分けられます。
チュアブルタイプはエサのような形になっており、食事に混ぜることで簡単に飲ませられる点がメリットです。
最近チュアブルタイプで評判が高いのが有効成分にアフォキソラネルを配合したネクスガードという予防薬です。
ネクスガードの効果や作用が分かるサイトもあるため、気になる方は一度見てみると良いでしょう。
錠剤タイプは見た目がエサとは大きく異なっているので、上手く混ぜるなどして気づかれないように飲ませることが重要となります。
飲み薬タイプの予防薬は月に1回、7か月投与する必要があります。
フィラリアの感染は4月中旬から11月中旬までが多いので、その時期に予防薬を飲むことが有効です。
スポットタイプは皮膚に直接的に付けて使用します。
スポットタイプのメリットは同時にノミ予防することが出来ることです。
使用するべきタイミングは飲み薬と同様となっています。

フィラリアの予防薬には重い症状に対して予防出来るメリットがある一方、デメリットがあることには注意しておきましょう。
フィラリアにかかっている状態でフィラリアの予防薬を使用すると体に異常をきたすケースがあります。
それゆえに薬を使用する前には事前にフィラリアにかかっていないかを確認しておくことが有効です。
感染しているかの有無については血液検査を行うことで分かります。

予防薬のデメリットをなるべく緩和したい場合は病院で血液検査と、生化学検査を行うことが重要となります。
病院ではそれらをセットにしてリーズナブルな価格で行っているケースがあります。
インターネットでは比較的安い価格で薬を購入できる可能性があるため、病院とネット通販を上手く使い分けることが大切です。
通販を利用する際には必要に応じてまとめ買いを利用することも有効となっています。

フィラリアの予防薬は決して高額ではありませんが、診療を受けることで様々な費用が発生します。
それゆえに通販サイトを利用することが有効となります。
あくまで予防薬であることを踏まえ、早めに使用を開始することを心掛けることが重要となっています。